いったいこのダイヤはいくらになるの?

基本の4Cによる評価

お手持ちのダイヤモンドのアクセサリーで使わなくなった物を売ろうと思ったとき、その評価が気になりますよね。あまりに安く買われるくらいなら思い出として持っておきたい方、高く売れるならさっさと売りたい方、様々だと思います。 ダイヤモンドの価値は、まずは4Cの評価で大体決定します。4Cとは、Color(色)、Clarity(透明度)、Carat(重さ)、Cut(研磨)の頭文字です。それぞれに評価が分かれています。Colorは無色透明なものが評価が高くなります。無色透明の中でも3段階に評価が分かれるので、見極めるためには知識と経験が不可欠です。Clarityは、不純物の有無や位置で評価が決まります。ダイヤモンドは天然なので不純物があることが多いのですが、もちろん無いほうが評価が高くなります。Caratは重い方が評価が高いです。特に1カラット以上になると単純に重さ以上の評価が付くことがあります。Cutは人間による研磨技術です。対称性が高く研磨とカットの状態が良いものが評価が高くなります。

プラスαでブランドやデザイン、色も考慮されるかも!?

4Cの評価の他に、ブランドやデザインが評価額に影響することがあります。買取ったダイヤモンドは、リカットすることもありますが、状態が良く人気の有名ブランドのものだったり凝ったデザインのものであれば、そのまま再販する場合もあるのです。そのまま再販出来ると認められれば、基本の評価に上乗せされた査定になる可能性が出てきます。ブランド品であれば、箱や鑑定書があれば尚良しです。 更に近年ではカラーダイヤモンドの人気が高まっているので、査定が高くなる傾向にあります。カラーによって産出量にばらつきがありますのでカラーであれば全て同じ価格というわけではありませんが、例えば希少なピンクダイヤの場合ですと無色透明なものの200倍以上の価格になることがあります!