ダイヤは素材がしっかりしていればそれだけで価値がある!

硬さと密度があるダイヤは価値が高い

ダイヤモンドというのは素材がしっかりしており、密度や重さなどもそれなりにある商品ならば、価値が高くなっています。 ダイヤは全て同じ品質というわけではなく、同じ鉱山から採掘されたものでも、もろくて密度の低いものや、逆に硬くてかなり密度の高い物があります。とりわけ宝石のダイヤとして好まれる商品は後者の高密度のダイヤモンドです。高密度のダイヤの場合には、加工をするとかなり美しく仕上がることが多く、ダイヤ買い取りなどでも、その品質が高く評価されます。ですから素材がしっかりしているダイヤモンドを持っている方で、そのアクセサリーを手放すのならば、ぜひダイヤ買い取りに相談に行って、売りに行くことを決めましょう。

カットでも値段は変わってくる

ダイヤモンドは素材がしっかりしていれば高いというのは常識ですが、カット方法の違いによっても値段が上下するということはあまり知られていません。 ダイヤモンドはエクセレントカットが最高品質で、それについてベリーグッドやグッドなどのカットの評価があります。エクセレントカットのダイヤモンドというのは、加工がしやすいながらも、カラット数が高いダイヤモンドが多く、ダイヤの良さ全てを持ち合わせたダイヤが、エクセレントカットのダイヤモンドとなるのです。カットの出来栄えについては鑑定書や保証書などについていますから、ダイヤモンドの指輪などを持っている方は一度確認を行いましょう。ダイヤモンドの価値は複合的な要素で決まるのです。